メール サイバーソリューションズ

CYBERMAIL Σ:アカウントごとに最大100GBのクラウドメールサービス

クラウドメールサービス「CYBERMAIL Σ」はアカウントごとに最大100GBのメールボックスの利用が可能。多拠点によるメールデータをリアルタイムでアーカイブし、ダウン直前のメール送受信データを保持する。

CYBERMAIL Σのポイント

  • メール1通あたり30MBに対応
  • バックアップサービスで多拠点のメールをリアルタイムにアーカイブ
  • 社外はメール、社内はチャットと同じ画面で使い分け可能

CYBERMAIL Σの製品解説

 サイバーソリューションズの「CYBERMAIL Σ」は、法人向けに特化したクラウドメールサービス。アカウントごとに最大100GBのメールボックスが用意されているほか、1通あたり30MBの利用が可能。POP/IMAPにも対応する。

編集部おすすめの関連記事

 ウイルス対策や迷惑メール(スパム)対策を標準で搭載。SLAが導入されており、国内大手のデータセンターで運営されている。PCのブラウザから仕事で使えるウェブメールはもちろんのこと、携帯電話のほかにiOSやAndroidのスマートフォンにも対応しており、データが残らないため情報漏洩のリスクも回避できる。

 ユーザーインターフェースは日英中に対応。バックアップサービス「DR-Σ」を搭載しており、多拠点によるメールデータをリアルタイムでアーカイブし、ダウン直前のメール送受信データを保持。直近のメールデータを早期復旧することで、リスクを最低限に抑えられる。

 オプションでメールアーカイブやグループウェア連携、IPアクセス制限、暗号化、メール無害化、チャットなどの機能を利用できる。チャットはメール画面上で送受信可能。社外はメール、社内はチャットと使い分けられる。暗号化では、メール送信時に添付ファイルを暗号化できる。メール無害化では、添付ファイルを分離したりメール本文を抽出したりできる。

CYBERMAIL Σのまとめ
用途と機能法人向けに特化したクラウドメールサービス
特徴ウイルス対策やスパム対策を標準で搭載。iOS/Androidのスマートフォンからウェブメール、端末にデータが残らない。国内のデータセンターで運営
税別料金初期費用:5万円~、月額費用:1アカウントあたり250円~

「メール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]