ITインフラ ストレージ サードウェーブ

サードウェーブ、A4コンパクトサイズのキューブ型サーバー--標準で3年保証

サードウェーブは小型、軽量のキューブ型サーバーを発表した。拡張可能で、中小規模の企業や事業所などに最適なモデルと説明。

正面(出典:サードウェーブ)
正面(出典:サードウェーブ)

 サードウェーブ(千代田区)は2月1日、小型軽量で拡張性に優れたキューブ型のサーバー「サードウェーブサーバー X2710」を発表した。同日から受注を開始する。

 筐体はA4コンパクトサイズのキューブ型を採用。幅は21cm、奥行27.5cm、高さ23cm、重さ6.3kgとなり、書類棚やプリンターサイドなど、机上、床面、オープンラックを問わずに設置可能。中小規模の企業や事業所、部門でのファイルサーバーやアプリケーションサーバー、事業立ち上げ時のエントリーサーバーなどに最適なモデルとしている。

HDDドライブスロット部(出典:サードウェーブ)
HDDドライブスロット部(出典:サードウェーブ)

 CPUは標準構成でIntel Celeron G3930、Intel Xeon E3-1225 v6のいずれかを選択可能。最大で内蔵ソリッドステートドライブ(SSD)を2台、ホットスワップ対応型のSSDまたはハードディスクドライブ(HDD)を4台、計6台のストレージとPCI拡張カードを増設できる。ホットスワップ対応ベイは3.5インチ。オプションで2.5インチにも対応。

 標準で3年間のオンサイト保証が付帯するほか、オプションで4、もしくは5年に変更可能。

 OSは搭載していないが、Windows Server 2016 Essentials/Standard、Windows 10 Pro(64ビット)を搭載するモデルも用意するという。そのほか、Red Hat Enterprise Linux Server 6.6/7.0(64ビット)、SUSE Enterprise Linux Server 11 SP3/12.0(64ビット)、Ubuntu 15.04/15.10(64ビット)のインストールが可能としている。

 標準的な構成の場合、2週間程度での納品を予定しているという。価格は、Celeron G3930搭載モデルが13万9800円から。Xeon E3-1225 v6搭載モデルは18万9000円から。

「ITインフラ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]