チャット

J1王者フロンターレ、ビジネスチャット導入--シャドーITリスクを解消

2017シーズンと2018シーズンのJ1を連覇した川崎フロンターレでは、社内で複数のコミュニケーションツールが乱立。ツールの統一とセキュリティ担保を狙って、ビジネスチャットを導入した。

 川崎フロンターレ(神奈川県川崎市)はビジネスチャット「Chatwork」を全社導入した。社内のコミュニケーションツール統一とセキュリティ担保が狙いだという。Chatworkを開発、提供するChatwork(大阪府吹田市)が2月1日、発表した。

 日本プロサッカーリーグの1部リーグ(J.League Division 1:J1)の2017、2018シーズンを連覇した川崎フロンターレでは、従来より社員間でのやりとりにメールや電話、プライベート用途のメッセンジャー、SNSなどを利用。社内で複数のコミュニケーションツールが乱立し、使い分けることによるコミュニケーションコストが発生。業務管理と効率性に弊害が生じていたという。セキュリティ面での管理もできておらず、企業側が把握できないIT活用“シャドーIT”のリスクもあったとしている。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]