開発ツール データ分析

2019年に最も有望な職種はデータサイエンティスト--米調査

LinkedInが米国時間1月10日に発表した報告書によると、データサイエンティストは2019年の米国で最も有望な職種だという。

 LinkedInが米国時間1月10日に発表した報告書によると、データサイエンティストは2019年の米国で最も有望な職種だという。これは意外なことではない。データサイエンティストはこの3年間、Glassdoorの「Best Jobs in America」(米国で最高の職種)リストで首位に立っており、この分野の専門家も需要と給与、仕事満足度のすべてが高いと報告しているからだ。

 LinkedInは膨大な数のメンバープロフィールと求人、および給与のデータを調べ、給与、キャリアアップ、米国での求人数、求人数の前年比成長率、求人のある地域の多さの5つの加重要素に基づいて、職種をランク付けした。このリストでは、これら5つの要素の合計スコアが最も高かった職種が紹介されている。

 報告書によると、データサイエンティストの基本給の中央値は13万ドルで、2019年の求人数は前年比で56%増加した。現在、全米でのデータサイエンティストの求人数は4000件を超えている。データサイエンティストは2018年のリストでは9位だったが、大幅に順位を上げて首位に躍り出た。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3165文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]