人事・労務 産業能率大学

“仕事センス”が重要--管理職が若手に求めるのは「責任感をもって取り組む力」

「顧客や組織のさまざまな期待に応えるために周囲の状況を感じ取り、自分で判断してやり遂げるための総合的な力」として“仕事センス”が必要――。産業能率大学が調査した。

 企業などの人材育成支援や経営指導を手掛ける産業能率大学総合研究所は「仕事センス」について企業のマネージャーの意識を調査。1月29日に調査結果を発表した。

 同大学が定義する「仕事センス」とは“顧客や組織のさまざまな期待に応えるために周囲の状況を感じ取り、自分で判断してやり遂げるための総合的な力”と説明。正解のないビジネスの現場でビジネスパーソンが活躍するためには知識とスキルに加えて仕事センスが重要としている。

 今回の調査では、判断や調整をしながら仕事をやり遂げていると表現する現場のマネージャーに仕事センスの認識を聞くとともに「仕事で遭遇する壁を乗り越える」「自分で考えて判断する」ために必要な力を探ったと表現している。以下は仕事センスを感じた人のエピソード。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1673文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]