チャット プロジェクト管理 SNS ファイル共有 グループウェア ゾーホージャパン ヌーラボ

さまよう難民を導く“移行サポーター”に聞く--サイボウズLive移行の勘所

4月15日にサービスが終わるグループウェア「サイボウズLive」。終了後にどの製品やサービスを使えばいいのか。期限が迫る中、どういった基準で移行先を検討すればいいのか。移行ツールを提供するベンダーに話を聞いた。

 4月15日に終了する「サイボウズLive」。前回の記事で移行先として紹介した5つのサービス以外にも、無料のメーリングリストとしてサービスを提供し、グループメンバーの移行が可能な「らくらく連絡網」、医療施設に特化したサービスを展開する「メディライン」など、移行サポートを表明するツール、ベンダーは複数存在する。

 年明け早々には、ビジネスチャット「Chatwork」、クラウドサービス「Aipo」などが移行サポートツールの提供を開始。終了に向けて活発な動きが見て取れるが、実際の市場の動きやユーザーの移行具合、また使い勝手など移行後の反応はどうなのだろうか。データ移行ツールなどでサイボウズLive終了後の“難民”を支援する“移行サポーター”に話を聞いた。

まだまだ利用中--移行のピークはこれから

「Chatwork」(出典:Chatwork)
Chatwork」(出典:Chatwork)

 年を開けての移行ツール公開となったChatwork(大阪府吹田市)。コーポレート本部の人事総務部で広報ディレクターを務める山田葉月氏は、「終了となる2~3カ月前までは利用しているユーザーが多いのでは」と予測する。本格的に移行をスタートするタイミングに合わせて公開したという。

 移行データは掲示板のみとした理由には、サイボウズLiveとのツールの差があるという。「サイボウズLiveと全く同じ使い方は難しい。移行後にChatwork上で過去の履歴を発見できる形が、Chatworkの価値を最大限提供できる移行と考えた」(山田氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2326文字 ログインして続きを読んでください。

「チャット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]