メールセキュリティ 標的型攻撃対策 情報漏えい対策 ウイルス対策 サイバーソリューションズ

MailGates:スパムや誤送信に対応のメールセキュリティ--サンドボックスも活用

メールセキュリティソフトウェア「MailGates」はスパム対策で送信ドメイン認証技術を標準で実装。誤送信対策では上長承認や時間差配信、強制BCC変換の仕組みを採用している。

MailGatesのポイント

  • 送信ドメイン認証の「SPF」「DKIM」「DMARC」を標準実装
  • 上長承認や時間差配信、強制BCC変換の仕組みで誤送信対策
  • クラウド型サンドボックスも活用するマルウェア対策

MailGatesの製品解説

 サイバーソリューションズの「MailGates」はオンプレミスのメールセキュリティソフトウェア。迷惑メール(スパム)対策、暗号化、誤送信対策で構成、オプションで添付ファイル分離やウイルス対策、サンドボックスを用意。ユーザー企業はニーズにあわせて必要な機能を導入できる。

編集部おすすめの関連記事

 送信ドメイン認証技術である「SPF」「DKIM」「DMARC」を標準で実装。なりすましメールを排除するとともにスパムを減少させられる。加えて、独自技術の「RPD」やゼロアワー解析、フィルタリングでスパムの流入を防ぐ。

 SPF(Sender Policy Framework)はIPアドレスを利用して受信したメールの送信元が正しいものかどうかを確認する技術。DKIM(Domainkeys Identified Mail)は電子署名を利用してメールの送信元を確認する技術。DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance)はSPFやDKIMを利用して、詐称されたメールを受信側がどう扱うべきかの方針をドメインの管理者側が宣言するための仕組み。

 誤送信対策では、上長承認や時間差配信、強制BCC変換の仕組みで情報漏洩を防ぐ。メールの暗号化はエンドユーザーの操作感を優先させている。

 オプションで提供されるウイルス対策では、サンドボックスの仕組みを採用。加えて、クラウドにある最新の情報でウイルスを検知する「Cloud LIve Protection」とクラウドで未知のマルウェアを検知するクラウド型サンドボックスを活用してすり抜けはほぼゼロ%という。

 基本セットはスパム対策と暗号化、誤送信対策で構成。ここにオプションで添付ファイル分離やウイルス対策、サンドボックスを組み合わせられる。料金は年間の保守費用も含まれている。

MailGatesのまとめ
用途と機能メールセキュリティソフトウェア
特徴「SPF」「DKIM」「DMARC」でなりすましメールを排除するとともにスパムを減少。誤送信対策では、上長承認や時間差配信、強制BCC変換の仕組みで情報漏洩を防ぐ。クラウドにある最新の情報でウイルスを検知する「Cloud LIve Protection」とクラウドで未知のマルウェアを検知するクラウド型サンドボックスを活用
導入企業荏原製作所、TOKAIコミュニケーションズ、紀文食品、ほか
税別料金100アカウント
スパム対策:38万円~、暗号化:19万円~、誤送信対策&審査:21万5000円~、セキュリティパック:62万8000円~

「メールセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]