OCR PFU

DynaEye 本人確認カメラOCR:タブレットで本人確認書類を撮影して文字を認識

OCRソフト「DynaEye 本人確認カメラOCR」は、タブレット端末を使用して読み取った運転免許証やマイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類の情報を本人確認や入力支援業務で活用できる。

DynaEye 本人確認カメラOCRのポイント

  • 運転免許証やマイナンバーカードなどを自動判別して文字認識
  • ピントや手ブレ、照明の映り込みを判断し、OCRに適した状態で撮影
  • イメージデータやOCR結果はメモリ上でのみ処理、タブレットにデータを残さず

DynaEye 本人確認カメラOCRの製品解説

 PFUの「DynaEye 本人確認カメラOCR」は、光学文字認識(OCR)ソフトウェア。タブレット端末を使用して読み取った本人確認書類の情報を本人確認や入力支援業務で活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 タブレット端末のカメラで撮影した本人確認書類の種別と文字を認識し、システムやソフトウェアパッケージにデータを直接取り込めるため、本人確認書類からデータを入力する業務システムを簡単に構築できる。

 対象とする本人確認書類は運転免許証、マイナンバーカード、在留カードの3種類。それぞれを自動判別して、それぞれの書類の様式に特化して文字を認識、出力できる。

 iOSやAndroid、Windowsのタブレット端末を本人確認書類にかざすだけで自動的に撮影可能。ピントや手ブレ、照明の映り込みを判断し、OCRに適した状態で撮影してくれる。カメラスキャン機能で本人確認作業と併せて住民票の写しや各種申込書など関連書類を撮影し、文書として最適な画像を出力することも可能だ。

 カメラで撮影したイメージデータやOCR結果はメモリ上でのみ処理し、タブレット端末内にデータを残さないため、個人情報漏えいを防止できるのも特徴といえる。

 開発環境用ライセンスは、業務アプリケーションに機能を組み込んで開発するためのSDKが提供される。実行環境用ライセンスは、サブスクリプションライセンスも用意されている。

DynaEye 本人確認カメラOCRのまとめ
用途と機能タブレット端末で本人確認書類を撮影して本人確認に活用できるOCRソフト
特徴本人確認書類にかざすだけで自動的に撮影可能。ピントや手ブレ、照明の映り込みを判断し、OCRに適した状態で撮影。住民票の写しや各種申込書など関連書類を撮影し、文書として最適な画像を出力することも可能

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]