その他セキュリティ アイ・ティ・アール

国内CASBサービス市場、2022まで36%成長--シャドーIT対策として導入進む

パブリッククラウドを利用するときのセキュリティ対策として「CASB」が注目を集めている。市場は立ち上がったばかりだが、2017~2022年は36%で成長すると予測されている。

 アイ・ティ・アール(ITR)は1月24日、国内のCASB(Cloud Access Security Broker)市場の規模の推移と予測を発表した。2017年度の売上金額は6億5000万円で、前年度に比べ2.3倍に急速拡大したという。

 CASBは、ユーザー企業と複数のパブリッククラウドサービスの間で単一のコントロールポイントを設定してパブリッククラウドを利用状況を可視化したり制御したりできる。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  3. 【消費税改正実態調査】全業種に影響する企業の消費税改正対応が、わずか2割しか対応が進んでいない現状
  4. 既存のセキュリティ対策は“穴だらけ”─企業の命運は次世代型の防御アプローチにかかっている
  5. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]