開発ツール

プログラミング言語「Rust」--2019年こそ学ぶべき7つの理由

プログラミング言語「Rust」は、「C」や「C++」並みのパフォーマンスと、開発者が墓穴を掘るのを防ぐ仕組みとを兼ね備えたプログラミング言語だ。今がRustの学習を始める好機である理由を7つ紹介する。

 プログラミング言語「Rust」は、「C」や「C++」並みのパフォーマンスと、開発者が墓穴を掘るのを防ぐ仕組みとを兼ね備えたプログラミング言語だ。

 Mozillaの開発者だったGraydon Hoare氏の個人プロジェクトから2016年に誕生したこの言語は、今や名前の元になったサビ菌(Rust fungus)のごとく広がりはじめており、ウェブ、組込み型コンピュータ、分散サービス、コマンドラインなどのソフトウェアを開発するのに使われている。

 Rustのコアチームの一員で、書籍「Rust Programming Language」の共著者でもあるCarol Nichols氏は、「Rustの最大の強みは、人々に力を与えるテクノロジである点だ」と語る。

 「小さなメモリフットプリントで非常に高速なコードを書くには、これまでだとCかC++を使うしかなかった。しかし、プロダクションコードで使う場合、メモリを自分で管理しなければならず、未定義の振る舞いが生じる可能性をすべて把握する必要もあった」(Nichols氏)

 このレベルの自由には「最高クラスのプログラマーでも」苦労させられる場合がある証拠に、コードの脆弱性を登録するCVEデータベースは拡大の一途だとNichols氏は指摘する。

 「Rustのコンパイラはもっと厳格で、メモリの安全性が確保されるので、解決しようとしている当の問題に集中できる」(Nichols氏)

 さらに、Rustは一部の高級言語に見られる生活の質という特徴が加わる。

 「Rustについては、表向きは高級言語だが裏では低級言語というふうに考えたい」(Nichols氏)

 「Rustでプログラムを書いてみると、『Ruby』と『Haskell』と『Scala』が混ざったような感じがする。クロージャやイテレータなど機能面で影響を受けており、豊富な型システムはHaskelに似ている」(Nichols氏)

 「できるプログラムは、スピードとメモリ利用の点でCやC++で作ったプログラムにいちばん近い」(Nichols氏)

 この記事では、今がRustの学習を始める好機である理由を7つ紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3690文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]