OS

Linuxターミナルの効率性を高める--「tmux」で複数ペインに分割

複数のLinuxサーバにリモートアクセスして、多くの管理作業を実行したい場合、ターミナルを複数ペインに分割してくれる「tmux」は役立つツールだ。

図C:われわれが作成したマルチペインウィンドウ。
図C:われわれが作成したマルチペインウィンドウ。

 ペインを閉じるには、exitコマンドを入力するだけでいい。

ウィンドウを作成して使用する

 ペインでは十分でない場合は、どうすればいいのだろうか。tmuxを使って、新しいウィンドウを作成すればいい(それらの新しいウィンドウを複数のペインに分割することも可能だ)。新しいウィンドウを作成するには、プレフィックスの組み合わせを入力してから、cキーを押す。これで、新しいウィンドウが表示されるはずだ。プレフィックスの組み合わせを押してから、pキーを押すと、前のウィンドウに戻ることができる。

セッションのデタッチとアタッチ(接続)

 コマンド(例えば、tail -f /var/log/syslog)を実行中だが、そのコマンドを終了したくない(そして、今も実行中のそのコマンドに後で戻ってきたい)としよう。最初にやらなければならないのは、そのセッションをデタッチすることだ。これを実行するには、プレフィックスの組み合わせを入力してから、dキーを押す。デタッチが完了したら、(tmuxから離れて)通常のbashプロンプトが再び表示される。実行中のtmuxセッションを確認するには、以下のコマンドを実行する。

tmux ls

 上記のコマンドは、実行中のすべてのセッションを一覧表示する(図D)。

図D:利用可能なtmuxセッション。
図D:利用可能なtmuxセッション。

 この画面を見ると分かるように、セッション0とセッション2はまだ実行中だ。セッション2をアタッチするには、以下のコマンドを実行する。

tmux attach -t 2

 そのセッションが再び表示され、コマンドも実行中のはずだ(図E)。

図E:tailコマンドは、依然としてtmuxセッション2の/var/log/syslogを追っている。
図E:tailコマンドは、依然としてtmuxセッション2の/var/log/syslogを追っている。

 tmuxセッションに名前を付けることもできる(各セッションで何をしているのかを覚えやすくするため)。これを行うには、以下のコマンドを実行する。

tmux new -s "SSH DCENTER 1"

 そのセッションをデタッチした場合は、以下のコマンドでアタッチできる。

tmux attach -t "SSH DCENTER 1"

より詳しく知るには

 tmuxの使用に関する要点の説明は以上だ。この便利なコマンドについてさらに詳しく知りたい人は、man tmuxと入力して、マニュアルページに目を通してほしい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]