購買・調達 インフォマート

BtoBプラットフォーム 商談:全国8600社が参加する食品企業間取引サイト

企業間取引サイト「BtoBプラットフォーム 商談」は、食品や食材の生産者と外食や小売りなどを結ぶ。売り手と買い手の双方にメリットがあるように設計されている。

BtoBプラットフォーム 商談のポイント

  • 1600以上の売り手企業が販売する約41万点の食品や食材、消耗品を掲載
  • 「取引条件に合った情報」を待っているだけで入手して比較検討
  • 全国7000社以上8500拠点の買い手企業に情報を届けられる

BtoBプラットフォーム 商談の製品解説

 インフォマートの「BtoBプラットフォーム 商談」は、食品や食材の企業間取引サイト。全国8600社が参加。食のプロたちが欲しい業務用食品や食材、消耗品、最適な取引先を見つける仕組みを提供する。

編集部おすすめの関連記事

 商品を仕入れたい=買い手企業のメリットとしては、業務用の食品や食材、消耗品を発見できる。全国1600以上の売り手企業が販売する約41万点の食品や食材、消耗品が掲載されており、特価品から希少・高級食材まで揃っているため、仕入れの幅が拡大させられる。

 希望の食材や取引条件を登録して、全国の販売業者へ募集できるため、「取引条件に合った情報」を待っているだけで入手し、比較検討できる。複数の取引先への支払いをインフォマートに一本化し、業務が効率化できる分、集客やメニュー開発に時間を割ける。「何を」「どこから」「いくら」で購入したかの実績データを原価の見直しや価格交渉に活用できる。

 販路や売り上げを拡大したい=売り手企業のメリットとしては、新規取引先の開拓と買い手のニーズ発掘が可能。外食や小売り、卸など日本全国7000社以上8500拠点の買い手企業に情報を届けられる。自社の取扱食品や食材、消耗品の情報をウェブ上に掲載できるだけでなく、価格の表示と非表示が設定でき、受注や問い合わせの増加が期待される。

 商品購入を希望する買い手のニーズをウェブ上で把握し、得た情報を足がかりに効果的な営業が可能。代金の回収をインフォマートが代行して一括支払いするため、新規取引先の与信審査の手間を一掃し、販路拡大に注力できるのも特徴となっている。

BtoBプラットフォーム 商談のまとめ
用途と機能食品や食材の企業間取引サイト
特徴約41万点の食品や食材、消耗品が掲載されており、特価品から希少・高級食材まで揃っているため、仕入れの幅が拡大。商品購入を希望する買い手のニーズをウェブ上で把握し、得た情報を足がかりに効果的な営業が可能。支払いと代金の回収をインフォマートが代行して一括

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「購買・調達」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]