OCR AI・機械学習 RPA NTT東日本

NTT東、深層学習応用OCRサービス--手書き文字の認識率は96%、RPAも提供

NTT東日本は、AI insideと業務提携してAI OCRサービス「AIよみと~る」の提供を開始。サービス前のトライアルでは、手書き文字は94.7%の認識率であり、作業時間の短縮率は55%削減という成果を得ている。

 NTT東日本は1月23日、AI insideと業務提携して人工知能(AI)を活用した光学文字認識(OCR)である“AI OCR”サービス「AIよみと~る」の提供を開始した。手書き文字を含めた認識率は96%以上という。

 AI OCRとの組み合わせで業務を自動化できるロボティックプロセスオートメーション(RPA)サービスとしてNTTアドバンステクノロジの「WinActor」にサポートを付与した「おまかせRPA」も併せて提供する。

 今回のAI OCRの中核をなすのは、AI insideが独自開発したAI基盤「Neural X」にある。今回の業務提携についてNTT東日本 ビジネス開発本部 副本部長 石川達氏は「各業種に共通する課題が紙帳票の素材。デジタル化で生産性向上を目指すため、AI insideとの関係にたどり着いた」と説明する。

 AI inside 代表取締役社長で最高経営責任者(CEO)の渡久地択氏は「われわれはAIベンチャーとして画像認識技術に焦点を当ててきた。生産年齢人口の急減を迎えた日本は、出生率回避シナリオの是非に関係なくAIが必要だ。(2018年12月時点で300社以上が導入する)Neural X活用の場を広げるため、全国への販売網や手厚いサポートを持つNTT東日本と業務提携させていただいた」と両社が補完しあう関係で生まれたものと説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2337文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. レガシーアプリが貴社のイノベーションの妨げになっていませんか?抜本的なIT投資の見直し
  4. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”
  5. すぐに分析に利用できるデータは3割以下!?AIを活用した分析に向けデータ準備はどうあるべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]