開発ツール

「Raspberry Pi」の歩みをたどる(2)--名前の由来と難航した設計

シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」の開発の経緯を全4回にわたって振り返る。第2回では、製品名の由来や直面した課題について、共同開発者のエベン・アプトン氏らが語った内容を紹介する。

 クレジットカードサイズのシングルボードコンピュータの共同開発者が、画期的なマシンの開発で乗り越えてきた数々の困難を語った。ここでは、その内容を全4回にわたって紹介する。今回は第2回目。

「Raspberry Pi」の名前の由来

 2008年は、Raspberry Piにその名を与えることになる試作品をUpton氏が作った年でもあった。

 この第2の試作機は、手作業で組み立てた最初の試作機より処理能力は高かったが、やはりRaspberry Piのような本格的なコンピュータではなく、Broadcomの画像処理装置(GPU)とベクトル計算機(VPU)だけで動いていた。これらのチップは通常、より大規模なコンピュータシステムに使われるものだ。Upton氏は2番目の試作機について、「Broadcomの開発ボード上に作った急ごしらえのもの」と説明している。

 この試作機も、Upton氏が子ども時代に使っていた「BBC Micro」と似ていた。処理能力はBBC Microよりもはるかに高かったが、起動するとやはり、カーソルが点滅する画面になる。今回は「Python」のコードを入力して実行できる画面だった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3565文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]