AI・機械学習 BI 日本アイ・ビー・エム

「いつか聞いた話が…」、IBMの新製品を機に振り返るBIの変遷

本連載では、筆者が「気になるIT」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、日本IBMのビジネスインテリジェンス(BI)ソフト「IBM Cognos Analytics」を機にBI市場を取り上げる。

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術・製品・サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、日本IBMが先頃提供開始したビジネスインテリジェンス(BI)ソフト「IBM Cognos Analytics」最新版である。

エンタープライズBIとセルフBIを融合

会見に臨む日本IBMの村角忠政IBMクラウド事業本部アナリティクス事業部Product&Solutions統括部長
会見に臨む日本IBMの村角忠政IBMクラウド事業本部アナリティクス事業部Product&Solutions統括部長

 「CognosはエンタープライズBIとセルフBIを融合し、デジタルトランスフォーメーションを支える統合BIプラットフォームへと進化した」――。日本IBMの村角忠政IBMクラウド事業本部アナリティクス事業部Product&Solutions統括部長は、同社が先頃提供開始したBIソフト「IBM Cognos Analytics」最新版の記者説明会でこう胸を張った。

 Cognosはデータ分析を行うBIソフトとして50年の歴史があり、グローバルで今も多くのユーザーが利用している。2008年にはIBMが買収した。今回の最新版の内容については関連記事をご覧いただくとして、ここでは村角氏が挙げた「エンタープライズBI」と「セルフBI」という2つの言葉に注目したい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1776文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]