運用管理 日立製作所

運用管理ソフト「JP1」の最新版--可視化対象を拡大、RPAにも対応

統合システム運用管理ソフトウェアの最新版「JP1 Version 12」が発表。オンプレミスとクラウドの混在や異なるベンダーなど、異なる環境の可視化にマルチ対応。RPAを含んだ一連業務の自動化にも対応する。

 日立製作所は、開発、提供する統合システム運用管理ソフトの最新版「JP1 Version 12」を発表した。企業のIT環境全体の運用状況をリアルタイムに集約可能で、経営層やIT部門など、立場ごとの目的にあわせて必要な情報を可視化できるという。また、クライアント環境でのロボティックプロセスオートメーション(RPA)などを活用した一連の業務プロセス自動化にも対応する。1月23日から販売。

 Version 12では、「JP1/Automatic Job Management System 3(JP1/AJS3)」の機能を強化。また、「JP1/Integrated Management 2(JP1/IM2)」「JP1/Client Process Automation(JP1/CPA)」「JP1/Client Process Automation Option for Automatic Job Management System 3」の3製品を新たに提供する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約963文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. 組織やチームを活性化させる「ハドルルーム」! 活用するうえで欠かせないポイントとは?
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. マルチクラウド環境で最適なバックアップを!急成長のVeeamの特徴をイチから理解する

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]