OCR PFU

DynaEye:記載位置ではなく記載内容をAIで解析できるOCRソフトウェア

OCRソフトウェア「DynaEye」は、取引先によってレイアウトが異なる帳票も1つの定義で文字を認識。読取項目をもとにAIが位置を自動検出、帳票レイアウトと読取位置の学習で認識精度を向上させられる。

DynaEyeのポイント

  • 請求書や注文書、納品書のOCRが定義されたテンプレートを搭載
  • 読取位置を誤った場合にはマウスで修正すると帳票レイアウトと読取位置をAIが学習
  • 記載内容をAIで解析、レイアウトに関係なく、必要な項目を抽出

DynaEyeの製品解説

 PFUの「DynaEye」はOCRソフトウェア。レイアウトが異なる帳票を1つの定義で文字認識できるという。読取項目をもとに人工知能(AI)が位置を自動で検出、帳票レイアウトと読取位置を学習することで認識精度を向上させられる。

編集部おすすめの関連記事

 スタンドアロンパッケージ「DynaEye 帳票OCR Entry」のほかにソフトウェア開発キット(SDK)やクライアントアプリケーションに組み込めるランタイム、サーバに組み込めるサーバランタイムも用意されている。

 スタンドアロンパッケージでは、OCRのニーズが高い請求書や注文書、納品書のOCRが定義されたテンプレートを搭載。テンプレートを活用することですぐに業務に展開できる。読み取りたい項目と属性を指定するだけで定義可能。専用の定義ツールで準定型帳票用のOCRを定義できる。

 OCR後に正誤を確認して修正できる。各項目の確認の進捗状況や注意が必要な項目などの情報が一目で把握できる。

 読取位置を誤った場合には読取位置をマウスで修正すると帳票レイアウトと読取位置をAIが学習する。2回目以降はAIの学習結果で認識精度が上がる。ロボティックプロセスオートメーション(RPA)と組み合わせて活用することでデータ入力業務にかけていた時間やコストを削減できる。

 読取位置を指定する“定型帳票”に加えて、読取項目を指定してフォーマットが異なる帳票でも一つの定義で文字を認識できる“準定型帳票”にも対応する。

 準定型帳票OCRでは、記載位置ではなく記載内容をAIで解析する。ルールが見つかればレイアウトに関係なく、必要な項目を抽出できる。

 例えば、「見積番号」という見出しの文字列を探して、その右側や下側にある文字列を値として取得する。取引帳票によく使われる網掛けや印影、地紋を除去したり、黒が背景で白抜き文字を反転したりする技術を搭載している。

DynaEyeのまとめ
用途と機能AI活用のOCRソフトウェア
特徴読取位置を誤った場合には読取位置をマウスで修正すると帳票レイアウトと読取位置をAIが学習。異なる帳票でも一つの定義で文字を認識できる“準定型帳票”にも対応、記載位置ではなく記載内容をAIで解析、ルールが見つかればレイアウトに関係なく、必要な項目を抽出

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. レガシーアプリが貴社のイノベーションの妨げになっていませんか?抜本的なIT投資の見直し
  4. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”
  5. すぐに分析に利用できるデータは3割以下!?AIを活用した分析に向けデータ準備はどうあるべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]