開発ツール

ノーコードアプリケーションの導入--円滑に進める9つのヒント

Quick Baseによると、ノーコードプラットフォームによって企業は時間や費用が削減できるという。ここで、導入にあたってのヒントを紹介する。

 開発者の能力を見出すことが困難な企業や雇う余裕のない企業が、ローコードプラットフォームやノーコードプラットフォームに注目しつつある。こうしたプラットフォームが、IT部門やビジネス部門の社員にアプリケーション構築の機会を提供するためだ。ノーコードプロバイダーのQuick Baseがこのほど発表したレポートによると、これらのプラットフォームによって効率性が高まるほか、コラボレーションやワークフローの統合も進むという。また、カスタマ―サービスが改善され、多くのケースで同プラットフォームがビジネスの重要な一部になるとしている。

 世界の顧客318組織を調査したところ、ノーコードプラットフォームを利用している組織のほぼ90%が、これらプラットフォームの位置付けが事業の成功に欠かせないと答えている。同プラットフォームが事業成果の向上に直接結びついたためだ。

 またレポートでは、ノーコードアプリケーションによってこれまで以上にさまざまな社員が開発に携わることができるようになったとしている。調査対象となったノーコードアプリケーションユーザーのうち約半数が女性で、10人中4人がミレニアル世代、10人中7人がIT以外のビジネス部門で働いているという。

 市場には数多くのツールが存在しているため、どこから始めていいのか困惑している組織も存在することだろう。レポートでは、ノーコード開発プラットフォームを迅速に採用するにあたり、IT部門やビジネス部門のリーダーが従うべき9つのヒントを提供している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1696文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. レガシーアプリが貴社のイノベーションの妨げになっていませんか?抜本的なIT投資の見直し
  4. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”
  5. すぐに分析に利用できるデータは3割以下!?AIを活用した分析に向けデータ準備はどうあるべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]