IaaS サーバーワークス

琉球銀、ホームページのインフラをAWSへ--技術者に魅力的な環境も提供

琉球銀行は、自社ホームページのシステムインフラを「Amazon Web Services(AWS)」へ移行。DDoS攻撃や災害などの対策をするとともに、技術者への魅力的な環境の提供も視野に入れる。導入はAWS専業ベンダーのサーバーワークス、地域の総合IT総合ベンダーのリウコムでサポート。

 琉球銀行(沖縄県那覇市)は、ホームページへの分散型サービス拒否(DDoS)攻撃対策、災害時の安定稼働のため、2018年4月から運用をAmazon Web Services(AWS)へ移行。順調に稼働し、行内向けのシステムも徐々にAWS化しているという。1月18日、導入をサポートするサーバーワークス(新宿区)が発表した。

 若年層を含む幅広い顧客へのアプローチを目指し、新商品、サービスの開発、新しいメディアでの情報発信などに注力する琉球銀行は、独自の商品やサービスの迅速な提供のため、柔軟性があり容易に開発できる新たなシステムインフラを必要としていたという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1183文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]