BI AI・機械学習 日本アイ・ビー・エム

BIにAI--「Cognos Analytics」最新版、データの相関関係を自動で抽出

BIソフト「IBM Cognos Analytics」最新版では「データの自動加工・結合・モデリング」「データの内容・相関を自動解析」「可視化・分析手法を自動選定」などをAIで実現するという。

 日本IBMは2018年11月23日に人工知能(AI)を活用したビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェアの最新版「IBM Cognos Analytics v11.1」リリース。クラウドで稼働するWorkgroup EditionやEnterprise Editionとは別に、機能制限なしで1ユーザーあたり税別月額9700円で利用可能な「Premium Edition」が2019年1月18日に加わった。

 金融系企業上位4社中3社、省庁でも12府省中6府省が採用するというCognos Analytics。その歴史を振り返ると、1969年設立のCognosは2008年にIBMが買収しており、50年の歴史を誇る製品である。

 2019年1月18日に開いた記者会見の中でIBMクラウド事業本部 アナリティクス事業部 Products&Solutions 統括部長 村角忠政氏は「日本でも大手企業を中心に採用いただいている(IBM Cognos Analyticsは)デファクトスタンダートと考えてよい」と強気の姿勢を見せた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1836文字 ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]