クラウドサービス 日本オラクル

「別会社のイメージで展開する」オラクル、デジタル部隊の新拠点を開設

日本オラクルは、クラウドサービスの新たな拠点を開設した。クラウドならではの販売方法に合わせたワークスペースとして設計。採用人材も従来とは異なる基準で採用。事業成果にも手応えがあるという。

オラクルのFrank Obermeier社長
オラクルのFrank Obermeier社長

 日本オラクル(オラクル、港区)は1月17日、新しい営業拠点となる「Oracle Digital Hub Tokyo」の開設を発表した。「Oracle Cloud」への需要増に応じたクラウド成長計画の一環で、日本全国の中堅中小企業(SMB)を対象とする営業部門の拠点として、東京都港区北青山の日本オラクル本社内に設置。「Oracle Cloud Applications」「Oracle Cloud Platform」「Oracle Cloud Infrastructure」などのSaaS、PaaS、IaaSを担当する「Oracle Digital」と、クラウドERP「Oracle NetSuite」を担当する部隊のオフィスとしてマーケットシェアの拡大を狙い、2019年1月から本格稼働しているという。

 オラクルではSMB市場でのクラウドの大きなニーズを感じ、1年半ほど前から事業に取り組んでいるという。SMBということで小さいと捉えられがちな案件単価は、オラクルの2019年上期のアプリケーションビジネスのトップ10にいくつかランクインする見込み。取締役 執行役社長 最高経営責任者(CEO)を務めるFrank Obermeier氏は、「日本のSMB市場の規模は何千億円の規模になると言われている。既存のシェアに加えてきちんとマーケットシェアをとっていきたい」と意気込む。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1487文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. EDR導入を絶対に失敗したくない人に贈る、セキュリティ対応の5つ課題とEDR選定の11のポイント
  2. AIと位置情報でユーザー体験を高度化 - スマートデバイス時代にふさわしい無線LANサービスとは
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. メインフレームとクラウドネイティブが融合! ハイブリッドクラウド時代をリードするLinux基盤の実力

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]