セキュリティ

「Man-in-the-Disk攻撃」入門--「Android」を狙う攻撃の手口とその対策

「Man-in-the-Disk」(MITD)攻撃は、中間者攻撃の一種で、「Android」の外部ストレージ処理の脆弱性を悪用する。この新たに発見された攻撃の仕組み、影響を受けるユーザー、対策などを紹介する。

 Googleの「Android」モバイルOSでは、長年にわたり相当数のセキュリティ脆弱性発見されてきた。テクノロジニュースを追っていると、ユーザーと開発者を先進的なサイバー攻撃の危険にさらす新しい脆弱性が、Androidの設計のあらゆる場所に潜んでいるように感じることもある。

 その一例が、ソフトウェア調査会社Check Pointの研究者による先ごろの発見だ。「Man-in-the-Disk」(MITD)攻撃と名付けられたその攻撃は、Androidの外部ストレージ処理の脆弱性を利用して、悪意あるコードを注入する。MITD攻撃を可能にするエクスプロイトはAndroidの設計に不可欠なレベルに存在するため、Androidユーザーに深刻な影響を及ぼす。

 中間者(Man-in-the-Middle:MITM)攻撃と名前が似ているのは、この2つの攻撃に共通点が多いためだ。どちらも不正な目的のためにデータを傍受し、改ざんすることも多い。2つの攻撃の違いは規模だけだ。

 Check Pointの研究者は、MITD攻撃に対して無防備なアプリを多数(Googleのような大手ディストリビューターが提供するアプリも含む)発見した。また、このエクスプロイトを利用するアプリを独自に開発することにも成功した。

 MITD攻撃は、Androidデバイスに深刻な損害を与えるだけでなく、Androidアプリを作成する開発者の評判も大きく傷つける可能性がある。Androidデバイスのユーザーも、Android開発者も、本記事を読み進めて、新たに発見されたこの悪質な攻撃手法について詳しく知ってほしい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4772文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]