BI AI・機械学習

「Power BI」で機械学習--コード不要でモデルの構築も

マイクロソフトのデータ視覚化ツール「Power BI」は、「Azure Cognitive Services」や「Azure Machine Learning」との連携が可能となったことで、機械学習の利用をより容易なものにしている。

 現代のビジネスは情報に基づいて進められているが、われわれは今、基幹業務システムから得られるデータや会社のデータベース、産業IoT(モノのインターネット)システムから生成されるデータ、ありとあらゆる外部データなど、データの海で溺れそうになっている。優秀なデータサイエンティストはほとんどおらず、雇うにしても高い費用が必要な時に、ビジネスに必要なインサイトを得るために、データを完全に把握して活用するにはどうすればいいのだろう?

 「Tableau」や「Power BI」のような最新のデータ解析ツールは、クエリの作成や結果の表示を簡素化するグラフィカルツールを備え、このような問題のいくつかを解決するのに大いに役立つ。MicrosoftのPower BIは、「Excel」で提供されている解析ツールを基に作られ、さまざまなデータセットで利用でき、クエリの作成やテストができて、視覚化機能もカスタマイズ可能だ。

「実用的AI」の導入

 MicrosoftのSteve Guggenheimer氏は、自らが現実世界あるいは「実用的人工知能(AI)」と呼んでいるものをテーマにしたブログ投稿の中で、データはAIの基礎であり、データなくしてAIは存在しえないと述べている。Guggenheimer氏はさらに続けて、インテリジェンスの前にインサイト(洞察)が必要だと説き、「BI before AI(AIの前にBI)」というコンセプトを掲げた。ここで登場するのが、「Common Data Model」とビジネスデータエンティティ向けの共有グラフを中心に据えたMicrosoftのビジネスアプリケーションプラットフォームだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3260文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  2. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  3. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  4. スマホ普及率が71.8%越えに─失敗しないモバイルマーケティングの実践方法とは
  5. DX時代に必須! 「サイバートランスフォーメーション」の要諦

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]