BI AI・機械学習

「Power BI」で機械学習--コード不要でモデルの構築も

マイクロソフトのデータ視覚化ツール「Power BI」は、「Azure Cognitive Services」や「Azure Machine Learning」との連携が可能となったことで、機械学習の利用をより容易なものにしている。

 現代のビジネスは情報に基づいて進められているが、われわれは今、基幹業務システムから得られるデータや会社のデータベース、産業IoT(モノのインターネット)システムから生成されるデータ、ありとあらゆる外部データなど、データの海で溺れそうになっている。優秀なデータサイエンティストはほとんどおらず、雇うにしても高い費用が必要な時に、ビジネスに必要なインサイトを得るために、データを完全に把握して活用するにはどうすればいいのだろう?

 「Tableau」や「Power BI」のような最新のデータ解析ツールは、クエリの作成や結果の表示を簡素化するグラフィカルツールを備え、このような問題のいくつかを解決するのに大いに役立つ。MicrosoftのPower BIは、「Excel」で提供されている解析ツールを基に作られ、さまざまなデータセットで利用でき、クエリの作成やテストができて、視覚化機能もカスタマイズ可能だ。

「実用的AI」の導入

 MicrosoftのSteve Guggenheimer氏は、自らが現実世界あるいは「実用的人工知能(AI)」と呼んでいるものをテーマにしたブログ投稿の中で、データはAIの基礎であり、データなくしてAIは存在しえないと述べている。Guggenheimer氏はさらに続けて、インテリジェンスの前にインサイト(洞察)が必要だと説き、「BI before AI(AIの前にBI)」というコンセプトを掲げた。ここで登場するのが、「Common Data Model」とビジネスデータエンティティ向けの共有グラフを中心に据えたMicrosoftのビジネスアプリケーションプラットフォームだ。

MicrosoftのCommon Data Model(CDM)は、標準化され、モジュラー型で拡張可能なデータスキーマのコレクションだ。エンティティ、アトリビュート、セマンティックメタデータ、リレーションで構成される。
MicrosoftのCommon Data Model(CDM)は、標準化され、モジュラー型で拡張可能なデータスキーマのコレクションだ。エンティティ、アトリビュート、セマンティックメタデータ、リレーションで構成される。
提供:Microsoft

 「Dynamics CRM」とERP(統合基幹業務システム)のデータモデルをベースに作られたCDMは、さまざまなビジネスに共通するコンセプトを扱う水平方向のデータと、産業ごとに異なる特有な垂直方向のデータを結びつける。これは、Power BIのような解析ツールでうまく機能するアプローチであり、アプリケーションに組み込めそうな新しい機械学習(ML)モデルの構築に使えるインサイトを探しながらデータを検討することが可能になる。Power BIは、インタラクティブなアプローチと予め組み込まれているMLツールを利用することで、複雑なコードを書かずにMLモデルを構築する方法になり得る。

 結局のところ、誰もが「R」や「Python」でプログラムを書けるわけではない。この2つはほとんどのMLシステムで使われている解析用のプログラミング言語だが、Power BIと共通するコンセプトが1つある。共有のノートブックを使用してデータを調べて結果を表示することだ。Power BIのレポーティングツールは、データサイエンスにおける「Jupyter Notebooks」に相当する。Jupyter Notebooksは共有サンドボックスで、大規模なアプリケーションで実際に使う前に、チームがデータを調べてモデルを調整できる場だ。

Power BIで膨大な量のデータにアクセスする

 現在の一般的なビジネスインテリジェンス(BI)システムは、データレイクからデータを取り出し、Power BIのようなセルフサービスBIツールに取り込む。しかし、もっと即応性が求められる操作のために、Power BIのデータフローにはもっと柔軟なオプションが用意されている。通常のシステムでは、データレイクを構築するためのExtract-Transform-Load(ETL)ツールを開発するための時間が必要だ。データフローがあれば、その背後にある技術について何も知らなくても、馴染みのあるクエリ作成手法を使って再利用できるデータエンティティを組み立てられる。

Power BIのデータフローは、組織が種類の異なるソースから取得したデータを統合し、モデリングのために準備するのに役立つ。データフローは、使い慣れたセルフサービスツールを使って作成できるし、ビッグデータを取り込んで、変形や統合、強化をするのにも使われる。
Power BIのデータフローは、組織が種類の異なるソースから取得したデータを統合し、モデリングのために準備するのに役立つ。データフローは、使い慣れたセルフサービスツールを使って作成できるし、ビッグデータを取り込んで、変形や統合、強化をするのにも使われる。
提供:Microsoft

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]