グループウェア ネオアクシス

Notes Data Converter:リッチテキストにも対応するintra-mart向けデータ移行ツール

データ移行ツール「Notes Data Converter」はNotesからintra-martにデータを移行させられる。リッチテキスト情報をHTMLデータに変換してデータを移行する。

Notes Data Converterのポイント

  • Notes DBの「フィールド名」を自動解析してマッピング
  • IM-FormaDesignerで作成されたアプリケーションに移行可能
  • リッチテキスト情報をHTMLデータに変換して移行

Notes Data Converterの製品解説

 ネオアクシスの「Notes Data Converter」は「Notes」から「intra-mart」へのデータ移行ツール。文書データだけではなく、添付ファイルやリッチテキスト情報なども移行できるとしている。「SharePoint Online」へのデータ移行ツールも用意されている。

編集部おすすめの関連記事

 intra-mart上で稼働する各種ベンダー提供アプリケーションやノンコーディング画面作成ツール「IM-FormaDesigner」で作成されたアプリケーションに対し、データを移行させる。

 NotesからIntra-martへの移行ツールはこれまで、各種ベンダー提供アプリケーションへの移行に特化したものが大半であったため、Notesからのデータ移行においてその移行対象となるアプリケーションが限定的とされている。

 Notes Data Converterは、Notes DBの「フィールド名」を自動解析し、その情報をintra-martアプリケーションの「フィールド名」にマッピングする機能を有しており、「移行元」と「移行先」の「フィールド名」を「プルダウンメニュー」で選択することで、容易にマッピングできるようになっている。

 このマッピング機能により、各種ベンダー提供のアプリケーションへの移行はもちろん、intra-martコラボレーションウェアとして多数利用されている「intra-mart Accel Collaboration 電子会議室」、IM-FormaDesignerで作成されたアプリケーションへの移行が可能となる。

 一般的なツールではNotesからデータ移行する際、リッチテキスト情報がプレーンテキスト化されてしまうケースが大半と言われている。Notes Data Converterではリッチテキスト情報をHTMLデータに変換してデータ移行できるため、Notes DBの画面(見た目)をほぼそのままintra-martで再現できるとしている。

Notes Data Converterのまとめ
用途と機能Notesからintra-martへのデータ移行ツール
特徴Notes DBの「フィールド名」を自動解析し、その情報をintra-martアプリケーションの「フィールド名」にマッピング。Notes DBの画面(見た目)をほぼそのままintra-martで再現
税別料金200万円~

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  2. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  3. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  4. スマホ普及率が71.8%越えに─失敗しないモバイルマーケティングの実践方法とは
  5. DX時代に必須! 「サイバートランスフォーメーション」の要諦

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]