メール サイバーソリューションズ

MailBase:添付ファイルにも対応、暗号化して保存するメールアーカイブ

メールアーカイブソフトウェア「MailBase」は、メールの本文や添付ファイルは削除、修正できない形で保存。圧縮したまま、暗号化したまま検索できるようになっている。

MailBaseのポイント

  • 外付けのドライブに移動可能、圧縮したり暗号化したりすることも可能
  • 期間設定や添付ファイルの種類、複合条件などの項目で検索
  • パブリッククラウドのメールにも対応

MailBaseの製品解説

 サイバーソリューションズの「MailBase」はメールアーカイブソフトウェア。関税法や電子帳簿保存法などさまざまな法律で義務付けられているメール保管に対応する。

編集部おすすめの関連記事

 メールサーバに蓄積されるメールのデータは外付けのハードディスクドライブ(HDD)やNASに移動可能。圧縮技術でメールのデータを圧縮できる。メールの重複排除技術も搭載している。

 メールの本文や添付ファイルは削除、修正できない形で保存可能。アーカイブされたデータは暗号化して保存する。圧縮したまま、暗号化したまま検索できるようになっている。

 さまざまな項目で検索可能。期間設定や添付ファイルの種類の絞り込み、andやorでの複合条件、検索結果からの絞り込み、送受信者の絞り込み、ワイルドカードなどを活用できる。エクスポートは必要な形式や特定の項目など任意の形式に対応する。

 「Exchange」「Notes/Domino」「Postfix」「sendmail」といったオンプレミスのメールサーバに対応。加えて「Office 365」や「G Suite」といったクラウドにも対応する。オブジェクトストレージサービス「Amazon Simple Storage Service(S3)」にメールデータを保存してMailBaseからメール本文を閲覧するといったことも可能。

 OutlookやExchange、Notes、SMTPとの連携はオプションで提供。スマートフォンとマルチサーバの対応もオプションで購入できる。

MailBaseのまとめ
用途と機能メールアーカイブソフトウェア
特徴メールの本文や添付ファイルは削除、修正できない形で保存。アーカイブされたデータは暗号化して保存。S3にメールデータを保存してMailBaseからメール本文を閲覧するといったことも可能
税別価格アカウント数100で200万円

「メール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]