クラウドサービス

新次元のクラウドストレージ「Vawlt」--斬新な手法でセキュリティを強化

「Vawlt」は、セキュリティに対して独自のアプローチを取っているクラウドストレージサービスだ。データをブロックに分割して、AWS、「Microsoft Azure」「Google Cloud」に保存する。

 私たちはクラウドに依存するようになった。Googleのサービスのようなものであれ、数あるクラウドストレージプロバイダーのいずれかであれ、クラウドに接続できない状況で適切に機能するのは難しい。

 筆者と同じタイプの人なら、機密性がそれほど高くないものから非常に高いものまで(その中間のあらゆるものも)、多くのデータストリームにクラウドストレージを利用しているはずだ。そのため、私たちはクラウドプロバイダーのセキュリティに依存しているということになる。こうしたプロバイダーの多くは標準的なセキュリティメカニズム(つまり暗号化)によって、セキュリティに関する約束を果たしているが、クラウドストレージのセキュリティに対して他と異なるアプローチを取っている企業がある。それがVawltだ。

Vawltが提供する機能

 データストリームを自分のコンピュータからクラウドストレージサービスに送信するとしよう。大半のクラウドストレージプロバイダーの場合、そのストリームは暗号化されてプロバイダーのサービスに保存される。Vawltは他の多くのプロバイダーと異なり、その送信ストリームをデータブロックに分割してから、Amazon Web Services(AWS)、「Microsoft Azure」「Google Cloud」に冗長的に保存する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1596文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]