クラウドサービス

「Office 365」から「G Suite」へデータ移行--メールや連絡先の移動方法

「Office 365」から「G Suite」に移行することを決断したら、データの移動方法を決める必要がある。ここでは、グーグルのデータ移行サービスとサードパーティーの移行サービス 「CloudMigrator」を利用した方法を解説する。

 「Office 365」から「G Suite」に移行することを決断したら、データの移動方法を決める必要がある。Office 365を使用してきた人なら、保持したい電子メールや連絡先、カレンダーのデータがおそらくあるはずだ。「Word」文書や「Excel」スプレッドシート、「PowerPoint」プレゼンテーションなど、あらゆる種類のOffice形式のファイル、さらに、さまざまなPDF、画像、動画ファイルなどもあるだろう。

 もちろん、一から始めることも可能である。つまり、G Suiteの使用を開始して、データの移行を一切行わない方法だ。ほとんどの組織にとって、これは現実的な選択肢ではない。しかし、個人や小規模組織の場合、状況によっては、一からのスタートも可能かもしれない。それが可能な場合は、G Suiteに登録して、設定を調整し、アカウントを追加してから、G Suiteの使用を開始するといい。

 ほとんどのケースでは、既存の電子メール、連絡先、カレンダー、ファイルをOffice 365からG Suiteに移行させる必要がある。Googleのサポートページでは、さまざまな移行環境およびオプションを網羅したガイドが公開されている。しかし、Office 365からG Suiteへの移行の場合、組織やニーズによっては、以下で紹介する方法のいずれかが適切かもしれない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1972文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]