運用管理 セゾン情報システムズ

SIGNAlert:アプリケーションやOSなど4種類のレベルに対応する監視ソフト

監視ソフトウェア「SIGNAlert」は、アプリケーションやOSなど4種類のレベルから監視が可能。段階的なしきい値設定で監視可能なため、サーバ上の処理の実行状況が詳しく確認できる。

SIGNAlertのポイント

  • UNIX/LinuxのSyslog、WindowsのイベントログといったOSログを監視
  • CPUやメモリ、ハードディスクドライブ(HDD)の使用率を監視
  • メール通知は宛先を曜日や時間帯、エラーのレベルで振り分けられる

SIGNAlertの製品解説

 セゾン情報システムズの「SIGNAlert」は監視ソフトウェア。アプリケーションやOS、ハードウェア、ネットワーク機器といったさまざまなレベルの異常を監視する。監視サーバ上で稼動する「Manager」と、個々の監視対象マシン上で稼動する「Agent」で構成されている。

編集部おすすめの関連記事

 ManagerはAgentがインストールされたマシンの稼動状況を常時監視。一方のAgentは、各マシンの業務処理が稼動状況を一定間隔で監視する。異常時には、あらかじめ設定した通知方法に従ってManagerに通知され、迅速に状況を把握して対処することが可能。

 具体的な機能としては、アプリケーションやOSなど4種類のレベルから監視が可能。段階的なしきい値設定で監視可能なため、サーバ上の処理の実行状況が詳しく確認できる。通常業務から異常時の対処方法まで、数多くの通知機能による柔軟なネットワーク監視体制構築が可能だ。

 メインフレームでのコンソール、OS/400でのメッセージキュー、UNIX/LinuxのSyslog、WindowsのイベントログといったOSログを監視する。プロセスやジョブの稼働状況も監視する。ネットワークについては、pingを打つとともにSNMP対応機器からのトラップ、ポートを監視する。

 性能監視では、CPUやメモリ、ハードディスクドライブ(HDD)の使用率を監視。ウェブアクセスのレスポンス時間やSNMPでのネットワークトラフィック量も監視する。

 業務監視では、アプリケーションが出力するログファイルの文字列で状態を監視。ファイルの作成や更新、削除も監視する。クラスタ環境での監視にも対応している。

 実際に異常を検知した際の通知は警告灯やメールなど9つを選択可能。メールの場合は宛先を曜日や時間帯、エラーのレベルで振り分けられる。同一のメッセージが発生した場合の通知を抑止することもできる。

 メッセージに対応する対処方法を表示、蓄積することも可能。遠隔地から対処ジョブを実行することもできる。報告書は定型で作成可能。CPUやメモリ、HDD、ウェブレスポンス、トラフィックの統計情報も出力できる。

SIGNAlertのまとめ
用途と機能システム監視ソフトウェア
特徴ウェブアクセスのレスポンス時間やSNMPでのネットワークトラフィック量も監視。アプリケーションが出力するログファイルの文字列で状態を監視。異常を検知した際の通知は警告灯やメールなど9つを選択可能
税別料金Agent=メインフレーム:100万円、UNIX:15万円、Linux:8万円、Windows:6万円
Manager=35万円(Windows)
オプション=ウェブ監視:20万円、SNMP監視:20万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]