AI・機械学習

「Google Assistant」に通訳モード--「Maps」サポートやホテル予約機能も

「Google Assistant」は、「CES 2019」で発表された一連の機能のおかげで、1日の勤務中や出張中の便利なアシスタントとして機能する可能性がさらに高まった。

 「Google Assistant」はいまや10億台を超えるデバイスに搭載されているが、「CES 2019」で現地時間1月8日に発表された一連の機能のおかげで、1日の勤務中や出張中の便利なアシスタントとして機能する可能性がさらに高まった。

 Google Assistantの最新版は、言語の翻訳、道順の提示、フライトの確認など、すべてを音声で起動できることが、プレスリリースで明らかになった。新しいハンズフリー機能は、車の運転の際にスクリーンに絶えず気を取られることがないようにするだけでなく、移動中のプロフェッショナルが生産性を維持するのに役立つ。

 Assistantは同日より、「Android」と「iOS」向けの「Google Maps」と連携する。ユーザーは音声で友人や同僚に到着予定時間(ETA)を共有し、テキストの返信、経路に沿った他のロケーションの検索、新しい目的地の追加などが可能だと、同リリースは述べている。さらに、Androidユーザーは、SMSや「WhatsApp」「Messenger」「Hangouts」「Viber」「Telegram」「Android Messages」でもAssistantが使えるようになった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約883文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]