オフィスソフト

WordからSwayドキュメントを作成--「Office 365」更新動向【1812版】

Wordには「Officeインテリジェントサービス」文章をウェブページに変化する機能が加わった。変換した内容は自動的に「Microsoft Sway」へアップロードするため、後はSwayの共有機能で招待するユーザーにURLを配布すればよい。

Officeインテリジェントサービスを活用したウェブページ作成機能

 Microsoftが米国時間1月3日に更新した、Office 365各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン1812(ビルド 11126.20188)へ更新したWindowsデスクトップ版は、各アプリケーションに機能改善を加えた。

 Wordは、「Officeインテリジェントサービス」文章をウェブページに変化する機能が加わっている。変換した内容は自動的に、対話型レポートやプレゼンテーションなどの作成や共有に用いる「Microsoft Sway」へアップロードするため、後はSwayの共有機能で招待するユーザーにURLを配布すればよい。

<ファイル>タブの<変換>を選択すると、右ペインに「Webページに変換」が現れる
<ファイル>タブの<変換>を選択すると、右ペインに「Webページに変換」が現れる

 また、Wordが供える学習ツール機能も改良が加わった。同ツールを起動するとリボンに並ぶ「行フォーカス」で読み上げ内容に集中すべき行をハイライトで表示し、1行、3行、5行から選択できる。以前は能動的に行っていたアクセシビリティチェックだが、今後は自動的に行われるという。

 同機能はExcelとPowerPointにも展開する。ただし、Microsoftの説明によれば、スペルチェックと同様にステータスバーに並ぶアイコン経由で行う仕組みのようだが、日本語環境では未確認だった。

学習ツールではハイライト表示する「行フォーカス」の範囲が変更可能となった
学習ツールではハイライト表示する「行フォーカス」の範囲が変更可能となった

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]