開発ツール

データサイエンティスト職に求められる言語のトップに「Python」--「R」を上回る

Cloud Academyの調査によると、データサイエンティスト職に求められる言語のトップは「Python」だという。

 「Python」と「R」はデータサイエンティスト職の求人で最も多く要求されるスキルに数えられている。ところが、こうしたプロフェッショナルの仕事で最も頻繁に使用されているプログラミング言語について調査した複数の報告書によると、実際は評価が分かれるという。Cloud Academyの米国時間12月27日付の報告書で明らかになった。

 まず、TIOBE Programming Community Indexによれば、2018年の検索エンジンのリクエスト数でみたRの順位は下降気味だったという。だが、データプロフェッショナル1万6000人を対象に実施したKaggleの調査では、全体で最も人気の高いプログラミング言語はPythonであるものの、統計およびデータサイエンティストは他のどの職務よりも業務でRを使用している割合が高いことが分かった。データサイエンティストの87%はPythonを、71%はRを業務で使用していると回答していると、同報告書に記されている。

 Cloud Academyは、テクノロジ企業が最も必要としている技術を見極めるためにデータエンジニアの職務明細書を分析した。Rに習熟したデータエンジニアの需要は、Pythonのそれと比較すると大きく水をあけられていることも分かった。データエンジニアの求人票の66%近くがPythonについて言及しているのに対し、Rについて触れていたのは18%に過ぎなかった。

 「Pythonは、直感的な言語として知られ、コンピュータサイエンスの複数の分野にまたがって使用されている」とCloud Academyの報告書は記している。「Pythonは扱いやすく、データサイエンスコミュニティーも、複雑なコンピューティング上のさまざまな課題を解決する際に必要なパイプの作成に力を入れている。また、データプロジェクトや製品を本番環境に移行している企業も増えている可能性もある。RはPythonのような汎用のプログラミング言語ではない」(Cloud Academyの報告書)

 Pythonは現在、世界で最も急成長を遂げているプログラミング言語の1つであり、理由は主に、学習のしやすさ、企業におけるデータサイエンスや人工知能(AI)の導入の爆発的増加とともに、同言語を中心とする大規模な開発コミュニティーの存在が挙げられる。

 そのほかにデータエンジニアに求められるスキルとして、SQLや「Spark」「Hadoop」「Java」「Amazon Web Services(AWS)」「Scala」「Kafka」がある。


提供:iStockphoto/oatawa

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]