運用 サイオステクノロジー

DataKeeper:リアルタイムに対応するデータ複製ソフト--可用性向上を狙う

データ複製ソフトウェア「DataKeeper」は、データをリアルタイムに複製して障害直前までのデータを保護。Windows Serverのクラスタ機能と連携して外部ストレージを持たずにシステムの可用性を高められる。

DataKeeperのポイント

  • 稼働系と待機系のローカルストレージを常時ブロックレベルで同期
  • WAN越しにリアルタイムにミラーリングして遠隔地にデータを複製
  • Windows Serverのクラスタ機能と連携して可用性を担保

DataKeeperの製品解説

 サイオステクノロジーの「DataKeeper」は、データ複製(レプリケーション)ソフトウェア。StandardとClusterの2つのエディションがある。複製元と複製先の両方のサーバにインストールする必要がある。

編集部おすすめの関連記事

 稼働中のサーバの複製元データと待機系サーバの複製先データは論理的に同じデータになる。高可用性(HA)クラスタリングソフトウェアと組み合わせる際の共有ディスクとして利用できる。

 StandardはWindows Serverのデータレプリケーションに特化したもの。データをリアルタイムに複製して障害直前までのデータを保護するとともにストレージのミラーリングも可能。ローカル接続構成として、同期モードと非同期モードの二つの同期方式が利用できる。

 稼働系サーバと待機系サーバのローカルストレージを常時、ブロックレベルで同期する。1つのデータ複製元に対して複数の複製先を設ける「1対N」構成、複数のデータ複製元に対して複製先を集約する「N対1」構成が可能。

 リアルタイムミラーリングをWAN越しでも行えるアーキテクチャとなって折り、遠隔地へのレプリケーションとして活用できる。遠隔地にあるサーバ同士がローカルストレージをネットワーク経由で同期、もしくは非同期モードでデータを複製する。

 Clusterでは、Windows Serverのクラスタ機能「Windows Server Failover Clustering(WSFC)」と連携することでDataKeeperを仮想的な共有のSANストレージとして認識させて、外部ストレージを持たずにHAクラスタシステム(SANLess Clusters)を構築できる。クラウド環境や遠隔地同士のフェイルオーバーにも対応可能。SANLess Clustersは、Hyper-VやvSphereで稼働する仮想マシンを使用してHAクラスタを構成することもできる。

DataKeeperのまとめ
用途と機能データ複製ソフトウェア
特徴ローカル接続構成として、同期モードと非同期モードの二つの同期方式が利用。1つのデータ複製元に対して複数の複製先を設ける「1対N」構成、複数のデータ複製元に対して複製先を集約する「N対1」構成が可能

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  2. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  3. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  4. 3つのケースで紹介-“ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的を高めるには
  5. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]