周辺機器 クラウドストレージ OCR リコー リコージャパン

リコー、クラウドに入出力できる複合機--OCRやクラウドストレージと連携

リコーは複合機の新製品「RICOH IM C」シリーズ7機種16モデルを発表した。クラウドサービスとの連携を強化し、スマートフォンにアプリを追加する感覚で機能を追加できる。

IM Cシリーズ
IM Cシリーズ

 リコーは1月8日、複合機の新製品「RICOH IM C」シリーズ7機種16モデルと、クラウドサービス「RICOH Smart Integration」のアプリケーションと組み合わせて提供する「RICOH Intelligent WorkCore」を発表した。紙の情報をクラウドサービスにシームレスに連携でき、業務プロセスのデジタル化を促進するという。共に1月23日から提供する。

Intelligent WorkCoreの概念。パートナーシステムとも連携できる
Intelligent WorkCoreの概念。パートナーシステムとも連携できる

自分でアップデート可能な複合機

 IM Cシリーズは、毎分20枚(A4ヨコ)機から毎分60枚(A4ヨコ)機をラインアップし、複合機導入後も基本性能をユーザーの任意で最新状態にアップデートできる「RICOH Always Current Technology」を実装。ユーザー自身で作業が可能で、強固なセキュリティなど常に最新の環境を提供するという。

リコージャパンの坂主智弘 代表取締役 社長執行役員
リコージャパンの坂主智弘 代表取締役 社長執行役員

 グループ内で国内の販売活動を担うリコージャパンの代表取締役 社長執行役員を務める坂主智弘氏は「ファームウェアの中のソフトウェアに大きな機能追加がある場合、従来は新製品として提供していた。今後は常に最新のファームウェアにアップデートでき、買い換えなくても新製品レベルの状態を自動的に提供できる」と説明する。

スマートフォンのアップデートのように、自分で作業できるという
スマートフォンのアップデートのように、自分で作業できるという

 10.1インチのWSVGA大型フルカラータッチパネルを採用。タブレットを操作する感覚で業務が処理できるという。

 オプションでは小切手や領収書などの小サイズ原稿のスキャンを可能にする「小サイズスキャン」、本体の胴内でZ折りや二つ折り、外三つ折り、内三つ折りが可能な「インナー紙折り」などを新たに搭載した。

 税別価格は、IM Cシリーズで最大の連続複写速度60枚となる「IM C6000」の場合、244万円から。

IM Cシリーズ価格一覧(出典:リコー)
IM Cシリーズ価格一覧(出典:リコー)

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]