決済システム

後発PayPay、首位の楽天ペイに一気に近付く--モバイルキャッシュレス決済調査

2018年末の100億円キャンペーンで話題となったPayPayは後発サービスながら一気に利用者を増やしており、首位を伺う位置に――。ICT総研のモバイルキャッシュレス決済調査で明らかになっている。

 モバイルアプリの電子マネー利用者は2019年3月末に前年の893万人から1157万人に増加、2022年3月末に1953万人に達する――。ICT総研(千代田区)が1月7日に発表したスマートフォンを利用したキャッシュレス決済を中心にした市場規模予測で明らかになっている。

 QRコードの決済サービス利用者は2018年3月末で187万人だったが、2019年3月末で512万人に増加、2020年3月末では960万人に急増し、2022年3月末には1880万人に達する見込みと説明。QRコード決済サービスは店舗の設備投資を抑えやすいこともあって取り扱う店舗も急増しており、モバイルFeliCa型の電子マネーに迫る勢いで利用者を伸ばすという。

図1:モバイルアプリでのキャッシュレス決済サービス利用者数予測(1カ月に1回以上利用するアクティブユーザー数、出典:ICT総研)
図1:モバイルアプリでのキャッシュレス決済サービス利用者数予測(1カ月に1回以上利用するアクティブユーザー数、出典:ICT総研)

 同社の12月のアンケート調査では、対象者4062人のうち1000~3000円の少額決済の場合、71.6%が現金を利用、クレジットカードを利用するのは43.6%、カード型電子マネーを利用するのは17.7%。モバイルアプリの電子マネーは9.2%、QRコード決済利用者は4.1%にとどまっている。

 1万~3万円の買い物だと、現金は44.7%に下がり、クレジットカードは68.3%に上昇する。モバイルアプリの電子マネーは4.0%、QRコードは2.6%に。高額な買い物ではクレジットカードの利用が増え、モバイルキャッシュレス決済が減少する傾向があると説明。高額決済では従来型のサービスであるクレジットカードに対する信頼性が高く、新しいサービスであるモバイルキャッシュレス決済は敬遠されていると表現している。

 年齢別で見ると、少額決済時にモバイルアプリの電子マネー利用率が高いのが40代で14.3%、QRコード決済の利用率が高いのは20代で7.3%となっている。

図2:現金とキャッシュレス決済の利用状況(n=4062、出典:ICT総研)
図2:現金とキャッシュレス決済の利用状況(n=4062、出典:ICT総研)

「決済システム」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]