クラウドサービス

「G Suite」に「Office 365」を接続--ローコードツール「Microsoft Flow」を活用

「Office 365」と「G Suite」を接続するには、マイクロソフトのローコードツール「Flow」を活用するという方法もある。

 最新の「Android」デバイスを最大限に活用したいのなら、「Google Assistant」を使用する必要がある。「Siri」や「Cortana」と同様、Google Assistantもコンテキストベースのアラートや予測を提供するために、ユーザーのカレンダーやアドレス帳にアクセスする必要がある。重要な会議に向けて出発する時刻に警告を表示したい場合は、その予定をGoogle Calendarに保存しておかなければならない。

 しかし、すべてのユーザーがGoogleのメールとカレンダーのツールをデフォルトで使用しているわけではない。「Office 365」をAndroidデバイスで使用しているユーザーは、おそらく「Outlook」をダウンロードしているはずだ。そのユーザーのカレンダーはMicrosoftのサーバに保存されている。Outlookはメールと予定のキャッシュをローカルに保持しており、連絡先をAndroidの連絡先ツールと同期するが、そのデータの多くはユーザーのAndroidハードウェアからは見えない。もちろん、Office 365アカウントをGoogleのツール群と同期させている場合は、この限りではない。

 Outlookを使用しながら、メールとカレンダーをAndroidの標準アプリ群と同期させることには問題もある。それぞれのメッセージと予定を2回ダウンロードするため、スマートフォンに保存されるデータとスマートフォンの使用するデータが2倍に増えてしまう。

 OutlookのデータをGmailと同期させるツールは以前からあったが、APIやアプリケーション機能の変更により、それらの多くはもう機能しなくなっている。オンプレミスサーバからクラウドへの移行やモバイルデバイスの使用増加も問題を複雑化させている。重要な会議への招待をスマートフォンで受諾したとき、デスクトップツールが稼働していないこともあるからだ。

「Microsoft Flow」とはどんなものなのか

 それを解決する1つの方法が、MicrosoftのローコードプログラミングツールのFlowだ。「Dynamics 365」ビジネスアプリケーションスイートの一部であるFlowは、簡単にアプリケーションを統合して、接続周りに基本的なビジネスロジックを追加する手段を提供する。Flowの機能の一部は無料で提供されているので、Flowは固有のサブスクリプションがなくても使用できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2740文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]