購買・調達 キヤノンITソリューションズ

キヤノンITS、データ変換ソフトに新版--Linuxに対応

キヤノンITSは、様々なデータを相互変換するデータ変換ソフト「EDI-Master TRAN for ANYs」の最新版を発表した。Windows版に加え、Linux版も提供する。

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS、品川区)は1月7日、様々なデータを相互変換する汎用のフォーマット変換ソフトの最新版「EDI-Master TRAN for ANYs Ver4.2」を発表した。サーバOS「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」で稼働するLinux版を追加。Windows版とともに1月7日から販売する。

 電話回線を使った従来型の電子データ交換(Electronic Data Interchange:EDI)利用企業は、2024年のINSネットデジタル通信モード提供終了に伴い、インターネットEDIへの移行が必要になる。固定長フォーマットを中心とする従来型EDIに対し、インターネットEDIではXMLやCSVなどのフォーマット採用が増加。従来型の社内システムデータと、インターネットEDIデータを相互変換するためのシステムが必要としている。

 EDI-Master TRAN for ANYsは、企業間で交換されるEDIデータを社内システムに連携させるためのフォーマット変換や、社内外の異なるシステム、アプリケーション間のデータ連携が可能。システム連携時の自社システムの改修を最小限に抑え、開発生産性を向上できると説明。固定長やCSV、タグ形式などのテキストデータ、Microsoft AccessやMicrosoft SQL Server、Oracle Database、MySQL、PostgreSQLといったデータベースに対応する。

概要図(キヤノンITS)
概要図(キヤノンITS)

 大手企業で活用されるRHELへの対応で、UNIXからLinuxへのマイグレーション、堅牢なシステム構築、クラウド環境での稼働など、より幅広いニーズに応えるとしている。

 税別ライセンス価格は、Windows版が30万円、Linux版が60万円。ヘルプデスクやソフトウェアのバージョンアップなどが含まれた年間保守サービスパックは、Windows版が4万5000円、Linux版が9万円。

 キヤノンITSは、EDI関連のパッケージソフトシリーズ「EDI-Master」を中核とするEDIソリューション事業で、2022年までに年間売上高25億円を目指すとしている。

「購買・調達」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]