人事・労務 開発

2019年の高給技術職トップ5とは

Scout Exchangeが、2019年に最も給与が高く求人数も最多となるであろう技術系の職種を発表した。

 求人市場向けプラットフォームを提供するScout Exchangeのレポートによると、2019年に最も給与が高く求人数が最多となる技術系の職種はサイバーセキュリティエンジニアだという。

 この結果は当然とも言える。2018年は、業界によって異なるが50~90%の企業がサイバー攻撃を経験したためだ。目立った侵害が発生したことにより、企業はいま大規模な風評被害の危険性や、法律上、財務上のリスクにさらされていることが表面化したとレポートは述べている。一方、欧州連合(EU)では2018年5月に「一般データ保護規制(GDPR)」が施行され、EU内で事業展開するすべての企業が新たなプライバシー規制に準拠するよう求められている。

 レポートでは、テクノロジ市場がサイバーセキュリティ専門家の人材不足に現在陥っていることも指摘。2021年にはこの分野でおよそ350万件の求人が埋まらない一方で、同分野への参入に関心を示すミレニアル世代もいないとしている。そのため需要が高まり、適切なスキルを持った人材の給与も高騰することになる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約779文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]