AI・機械学習

AIの2019年--IBM Researchが予測するトレンド

IBMは、2019年のAIについて、業界を前進させる3つのトレンドを予想した。

 2018年、人工知能(AI)の研究者は機械学習訓練の加速、サイバーセキュリティ攻撃の予測、偏見の排除において飛躍的な進歩を遂げた。IBM ResearchのAIおよび量子コンピューティング担当最高執行責任者(COO)兼バイスプレジデントを務めるDario Gil氏が先頃公開したブログ投稿によると、2019年には、社会が今日の「狭い」AIから「広い」AIの新時代へと移行し、開発者と企業、消費者はAIの潜在的な可能性を十分に活用できるようになりそうだという。

 「さまざまなタスクでより広く学習および推論して、複数のモダリティやドメインからの情報を統合する能力を持ち、より高度な説明可能性と安全性、公平性、監査可能性、拡張性も備えていることが、広いAIの特徴になるだろう」(Gil氏のブログ投稿)

 Gil氏によると、IBMの研究者たちは、以下の3つのトレンドが業界を前進させると予想しているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1013文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]