AI・機械学習 コミュニケーション ソースネクスト 東芝 東芝ソリューション

ソースネクストの通訳機「POCKETALK W」に東芝製日本語音声エンジン

ソースネクストの74言語に対応する通訳機「POCKETALK W」の日本語音声のエンジンに東芝製品が採用。より流量な日本語を発生できるという。

活用シーンイメージ(出典:ソースネクスト)
活用シーンイメージ(出典:ソースネクスト)

 世界74言語に対応する通訳機「POCKETALK W」の日本語音声の新エンジンとして、「RECAIUS 音声合成ミドルウェア ToSpeak」が採用された。従来(動画)と比べてより自然な発話(動画)を実現しつつ、オフライン時でも履歴の発話が可能になるという。12月27日、POCKETALK Wを開発、販売するソースネクスト(港区)、ToSpeakを提供する東芝デジタルソリューションズ(旧東芝ソリューション、神奈川県川崎市)が発表した。

 POCKETALK Wは、人工知能(AI)を活用した手のひらサイズの通訳機。ボタンを押しながら話しかけるだけで通訳がいるかのように対話できるという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  2. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  3. よくわかるCloud Access Security Broker(CASB)導入のポイント
  4. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  5. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]