オフィスソフト

「Excel」で数式を保護--他のユーザーが誤って変更するのを防ぐ

「Excel」の保護機能を使えば、他のユーザーが誤ってセル内の数式を変更してしまうというような事態を防ぐことができる。

 数式は「Excel」のシートで重要度の高いコンポーネントの1つであり、保護する意味は大いにある。他のユーザーが誤って数式を変更し、あなたのやろうとしていた仕事に問題が発生する事態は避けたいはずだ。幸いにも、Excelの「保護」機能を使えば、他のユーザーから思いもかけない被害をこうむる事態は避けられる。また、保護するだけではなく、数式が見えないようにすることが必要な場合もあるだろう。たいていの場合、その必要があるのは、機密データや機密情報を保護するときだ。

 ありがたいことに、Excelの書式を保護したり非表示にしたりする操作はごく簡単だ。この記事では、その方法を説明しよう。

 筆者は、64ビット版の「Windows 10」で「Office 365」の「Excel 2016」(デスクトップ版)を使用している。とはいえ、保護機能はかなり前からあるものなので、古いバージョンで学んだ方法が今でも使える。ブラウザ版では、保護機能が部分的にサポートされているが、保護の有効と無効を切り替えることはできない。また、デモファイルは必要がないと思われるため、用意していない。どのようなExcelデータでも試せる。

最初に注意すべきこと

 まず、保護とセキュリティの違いをはっきり理解しておくことが大切だ。Excelの保護機能は、セキュリティ機能ではない。保護機能は、誰かが悪気なく、誤ってあなたの仕事に支障をきたすような操作をしないようにするためのものだ。機密情報や機密データが悪意を持った人の手に渡らないようにするものではない。たとえば、保護されたExcelシートのデータを、他のブックや「Googleスプレッドシート」にコピーすれば、誰もがそのデータにアクセスできるようになることをご存知だろうか。データがどこか別の場所にコピーされれば、そのデータに設定されていた保護は無効になる。データをコピーするのは実に簡単なため、保護されたシートが安全だと勘違いしてはならない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3067文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]