購買・調達 NEC

EXPLANNER/Lg:リアルタイムに在庫の状況を把握できる倉庫管理システム

倉庫管理システム「EXPLANNER/Lg」は、入荷と出荷の作業の状況をグラフで表示。無線ハンディと連携したリアルタイム在庫管理機能で今ある在庫を速やかに把握し、在庫適正化を支援する。

EXPLANNER/Lgのポイント

  • 商品コード以外に日付やロット、任意の属性項目も設定して在庫を管理
  • 入荷から出荷までロットや詳細日付別に在庫を管理
  • 人時生産性分析や出荷頻度ABC分析などで分析して課題を明確化

EXPLANNER/Lgの製品解説

 NECの「EXPLANNER/Lg」は倉庫管理システム(Warehouse Management System:WMS)。入荷管理や庫内管理、出荷管理のほかにシステム管理や可視化分析といった機能を搭載している。

編集部おすすめの関連記事

 日英中の3カ国語に対応。複数拠点を管理できるウェブ対応のシステム。商品コード以外に日付やロット、最大5個の任意属性項目を設定できるため、きめ細かく在庫を管理できる。荷主別(事業部別)、拠点別に取り扱う商品や在庫管理項目、倉庫運用が違う場合でも在庫管理項目や作業フローなどをマスター設定で変更することで複数のシナリオに対応する。

 入荷から出荷までロットや詳細日付別に商品の在庫を管理できる。「ロット日付逆転チェック」機能で納入先ごとにいつ、どの商品を、どの日付で納入したかを管理できる。

 入出荷移動実績データも管理することで入出荷先と作業日時を検索できる。ロットや日付単位での入出荷の追跡に加えて倉庫内の在庫への出荷止め対応が可能になると説明。きめ細かくトレーサビリティを管理できるという。

 入荷と出荷の作業の状況をグラフで表示、作業進捗にあわせてリアルタイムに現場をコントロールできる。進捗の遅れやトラブルをいち早く察知してその場でリカバリーできるとしている。

 無線ハンディと連携したリアルタイム在庫管理機能で今ある在庫を速やかに把握し、在庫適正化を推進。本社と物流センターの間での情報タイムラグをなくし、精度の高いサプライチェーン管理システム(Supply Chain Management:SCM)構築を支援すると説明する。

 入出荷プロセスの人時生産性分析や出荷頻度ABC分析、物流KPIマネジメントツール連携などの分析機能でセンターの課題を明確化。的確かつスピーディーに現場を改善することで、物流センターのコストを低減し、物流面から企業競争力を高めることができる。

 生産性分析やグラフによる作業進捗管理、各種KPIデータ出力などの可視化機能も標準で実装している。入出荷プロセス単位の作業進捗が見えるため、現場の「今」に即したマネジメントが可能。作業遅延の兆候をタイムリーに把握できることで、即座に対策を講じることが可能となり、物流センターの生産性向上に貢献する。

 ログインIDでの権限管理やアクセスログでIT統制をかけられる。仕入れや売り上げ、棚卸資産の裏付け情報として入出荷履歴や在庫情報をリアルタイムに提供可能。企業活動での内部統制を物流面から支援する。

EXPLANNER/Lgのまとめ
用途と機能物流業務の可視化を支援する倉庫管理システム
特徴荷主別や拠点別に取り扱う商品や倉庫運用が違う場合でも在庫管理項目や作業フローなどをマスター設定で変更することで複数のシナリオに対応。入荷と出荷の作業の状況をグラフで表示、作業進捗にあわせてリアルタイムに現場をコントロール

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  2. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  3. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  4. 3つのケースで紹介-“ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的を高めるには
  5. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]