人事・労務

「なぜ仕事で成果を上げる若手が辞めるのか」問題で考えたい7つの対策

「ITベンチャーは『人が命』だからリテンション対策を積極的に行っているが、採用強者である大企業は遅れている」――。リクルートMSは入社4年目以降の社員に絞り、転職を考え始める理由を明らかにするために調査した。

 なぜ、仕事の成果を上げている若手が離職するのか――。

 リクルートマネジメントソリューションズ(リクルートMS)は入社4年目以降の若手・中堅社員に絞り、転職を考え始める理由を明らかにすることを目的に、従業員規模300人以上の企業に新卒業者(新卒)として入社した25~32歳の正社員515人を対象に“転職意向と実態”を10月に調査した。

 12月21日に発表された調査結果によれば、転職に踏みきったケースは412人、踏みとどまったケースは103人。若手・中堅社員のキャリア観について、同社 組織行動研究所 所長 古野庸一氏は「企業は7つのリテンション(人材の維持)対策を講じるべきだ」と説明した。

 外資系IT企業において一生働き続けるケースは珍しく、キャリアアップを目的とした転職は、至極当たり前のスタイルである。だが、近年は一般企業にも転職の波は広がり、転職理由が社員本人にあるのか、企業側にあるのか不明確だった。

 厚生労働省が8月9日に発表した「平成29年雇用動向調査」によれば、労働時間や給与、人間関係の3つを離職の最大理由に挙げている。具体的には「労働時間、休日などの労働時間が悪かった(男性12.4%、女性14.7%)」「給与などの収入が少なかった(男性11%、女性10.5%)」「職場の人間関係が好ましくなかった(男性7.2%、女性13%)」

 他方で日本生産性本部が5月24日に発表した「2018年度 新入社員 春の意識調査」によると、「今の会社に一生勤めようと思っている」と解答した割合は50.8%。2012年の60.1%をピークに減少傾向にある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3372文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 乗換案内のジョルダンがインフラ基盤をHCIへ刷新、その効果とは
  2. 【マンガで解説!】Excelでの業務データ管理から脱却し、変化に強い企業に生まれ変わろう!
  3. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  4. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  5. デジタル時代に“生き残る”金融企業と“消えていく”金融企業、その決定的な違いとは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]