バックアップ ストレージ ピュア・ストレージ・ジャパン

Amazon S3をブロックストレージに--ピュア、AWS活用のデータサービス

ピュア・ストレージ・ジャパンは、AWS向けデータサービス「Cloud Data Services」を発表。「Cloud Block Store for AWS」「CloudSnap for AWS」「StorReduce」の3つで構成される。

 オールフラッシュストレージを提供するピュア・ストレージ・ジャパンは12月20日、Amazon Web Services(AWS)で展開するデータサービス「Pure Storage Cloud Data Services(CDS)」を発表した。CDSは「Cloud Block Store for AWS」「CloudSnap for AWS」「StorReduce」の3つで構成される。

 Cloud Block Store for AWSは、同社の独自OSである「Purity」を基盤とし、クラウドデータ管理ツールの「Pure1」とともにAWS向けに最適化したブロックストレージソフトウェア。

 CloudSnap for AWSは、オールフラッシュアレイ「FlashArray」シリーズにクラウドベースのデータ保護機能を直接組み込み、スナップショットをオブジェクトストレージサービス「Amazon Simple Storage Service(S3)」に送信することでオンプレミスやパブリッククラウドに容易に回復できるという。StorReduceはオブジェクトストレージの重複排除エンジンを備えることでバックアップの簡素化や素早い回復を可能になるとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1968文字 ログインして続きを読んでください。

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]