マイナンバー

TeamSpirit マイナンバーエンジン:既存システムと分離してマイナンバー管理

マイナンバー管理サービス「TeamSpirit マイナンバーエンジン」は、既存の社内システムからマイナンバーを分離して保管する。既存のHRMにはマイナンバーを保管する必要がなくなる。

TeamSpirit マイナンバーエンジンのポイント

  • 既存の人事情報管理システムとAPIで連携
  • マイナンバーをマスク化、暗号化、トークン化
  • PaaS「Salesforce App Cloud」がベース

TeamSpirit マイナンバーエンジンの製品解説

 チームスピリットの「TeamSpirit マイナンバーエンジン」は、マイナンバー管理基盤サービス。ユーザー企業の既存の人事情報管理システム(HRM)と組み合わせて使える。PaaS「Salesforce App Cloud」をベースにしている。

編集部おすすめの関連記事

 社員情報の中からマイナンバーを分離して保管することができ、マイナンバーを保管するとともにマスク化や暗号化、トークン化が可能。既存のHRMとはAPIで連携する。既存のHRMにはマイナンバーを保管する必要がなくなる。

 勤怠や就業、経費、工数などを管理するSaaS「TeamSpirit」と連携すれば、スマートフォンのカメラで個人番号の記載されたマイナンバーカードや通知カードを撮影し、光学文字処理(OCR)で個人番号を文字認識して登録することが可能。カメラで撮影したりPCのスキャナで読み取ったりした本人確認書類を添付して申請できる。スマートフォンやPCから社員のセルフオペレーションによる登録も可能になる。

 HRMの外部接続するAPIを利用した「WebReportマイナンバー オプション」を利用すれば、既存の基幹システムにマイナンバーを保管せずにマイナンバーを法定帳票に印刷できるようになる。

TeamSpirit マイナンバーエンジンのまとめ
用途と機能マイナンバー管理サービス
特徴社員情報の中からマイナンバーを分離して保管、既存のHRMにはマイナンバーを保管する必要がなくなる。TeamSpiritとの連携では、マイナンバーカードや通知カードを撮影して登録可能

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]