人事・労務

労働生産性、先進7カ国中最下位--47年間変わらず、1人あたりでも最下位

日本生産性本部によると、2017年の日本の時間あたりの労働生産性は47.5ドル。データが取得できる1970年以降でみると、主要先進7カ国中最下位のまま。

 公益財団法人の日本生産性本部が12月19日に発表した「労働生産性の国際比較2018」によると、2017年の日本の時間あたりの“労働生産性”は47.5ドル。経済協力開発機構(OECD)に加盟する36カ国中20位。順位は前年と同じ。データが取得できる1970年以降でみると、主要先進7カ国中最下位のまま。

 労働生産性は、労働者1人あたりで生み出す成果、あるいは労働者が1時間で生み出す成果を指標化したもの。労働者がどれだけ効率的に成果を生み出したかを定量的に数値化したものであり、労働者の能力向上や効率改善に向けた努力、経営効率の改善などによって向上するとされている。労働生産性の向上は経済成長や経済的な豊かさをもたらす要因とみなされている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1237文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]