クラウドサービス

「G Suite」アプリで委任を設定--他ユーザーにアクセスを許可して作業を効率化

「G Suite」ユーザーは、自分の「Gmail」や連絡先、カレンダー、現在地へのアクセスをG Suite組織内のほかの人に許可し、作業の実行を委任できる。ここでは、G Suiteで自分のアカウントへのアクセスをほかのユーザーと共有する方法を紹介する。

 「G Suite」には、文法提案や「Smart Compose」、スマートスケジューリングなど、多くのスマートアシスタント機能があるが、処理できるタスクの数という点で、まだ人間のアシスタントに及ばない。2018年の時点では、依然として人間の方が機械よりもアシスタントとして有能である。

 いくつかの設定を変更することにより、ユーザーは、自分の「Gmail」や連絡先、カレンダー、現在地へのアクセスをG Suite組織内のほかの人に許可することができる。アクセスを許可されたアシスタントは、そのユーザーに代わって、応答やアイテムの更新、修正を実行できるようになる。これにより、ユーザーは、自分が対処しなければならない細かい管理作業を減らすことが可能だ。本記事では、ユーザーがG Suiteで自分のアカウントへのアクセスをアシスタントと共有する方法を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3160文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]