プロジェクト管理

TeamSpirit Leaders:リアルタイムに把握可能なSaaS型プロジェクト原価管理

SaaS型プロジェクト原価管理システム「TeamSpirit Leaders」は、スタッフが入力した就業情報や工数を確認してプロジェクトごとの原価を管理できる。受注前の潜在的な需要に基づくリソース計画を立案可能。

TeamSpirit Leadersのポイント

  • 商談段階からリソースベースでプロジェクトの見積りを算出可能
  • 受注前の潜在的な需要に基づくリソース計画を立案
  • レポート作成機能で負荷状況などをリアルタイムに把握

TeamSpirit Leadersの製品解説

 チームスピリットの「TeamSpirit Leaders」はSaaS型プロジェクト原価管理システム。プロジェクトの予算と工数管理から得られた作業実績や経費精算と紐づいた経費情報を合わせて確認できる。

編集部おすすめの関連記事

 計画上のリソースに実際のスタッフをアサインすることで、スタッフが「TeamSpirit」に入力した就業情報や工数をTeamSpirit Leadersで確認できるようになる。これにより、プロジェクトごとの原価をリアルタイムかつ正確に管理できるという。

 この情報をもとに、効率化を図ったりリソース配分を調整するなど、次の施策をスムーズに検討できるようになる。スタッフがTeamSpiritで精算した交通費などの経費をプロジェクトに直課させることも可能だ。

 「Salesforce Sales Cloud」の「商談」と連携させ、商談段階からリソースベースでプロジェクトの見積りを算出することが可能。案件化の前から営業の活動状況を把握して、営業費や一般管理費を直接労務費として計上、より正確に原価を管理できるようになっている。

 受注前の潜在的な需要に基づくリソース計画を立案することもでき、受注後はそのままプロジェクトの予実管理にも活用可能だ。セールスから受注後の原価管理をスピード感をもって進めることができる。

 レポート作成機能で負荷状況などをリアルタイムに把握できる。日々新しいプロジェクトが作成され、作業実績が更新されるため、「社内で今どのようなプロジェクトがあって、誰がどの仕事をしているのか」をひと目で確認できる。プロジェクト単位の損益やアサイン状況を把握し、将来のリソース状況を予測したり、仕事の充足状況を把握したりできる。

TeamSpirit Leadersのまとめ
用途と機能プロジェクト原価管理サービス
特徴案件化の前から営業の活動状況を把握。受注後はそのままプロジェクトの予実管理にも活用。「社内で今どのようなプロジェクトがあって、誰がどの仕事をしているのか」をひと目で確認
税別料金初期登録料:5万円、利用料:1ユーザーあたり月額6000円
※別途TeamSpiritの契約が必要

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]