CRM アイティフォー

Arrow Concierge:顧客の来店を検知して情報共有--購入履歴で接客品質を向上

顧客来店検知サービス「Arrow Concierge」は、顧客が店舗に来店したことを即座に検知し、店内の担当営業や店員に情報を共有。顧客の購入履歴をその場で確認して、顧客サービスの向上を狙える。

Arrow Conciergeのポイント

  • 設置された場所を通過するたびにWi-Fiアクセスポイントが来店を検出
  • 優良顧客の来店をリアルタイムに共有して即座に接客
  • 顧客管理システムと連携して購入履歴をその場で確認

Arrow Conciergeの製品解説

 アイティフォーの「Arrow Concierge」は顧客来店検知サービス。顧客が店舗に来店したことを即座に検知し、店内の担当営業や店員に情報を共有する。店舗向けクラウドサービス「Arrow」に含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 たとえば、出入り口など店舗内で顧客が必ず通ると想定される場所にWi-Fiアクセスポイントを設置。顧客のスマートフォンで氏名やメールアドレスなどの情報を登録すると、2回目以降の来店時には、設置された場所を通過するたびにWi-Fiアクセスポイントが顧客の来店を検出し、情報を連携。担当営業や店員に顧客の来店情報をメールなどで通知してくれる。

 活用方法は各企業でさまざまだが、主に2つのパターンが想定されている。1つ目は優良顧客の囲い込み策として、VIPやそれに値する優良顧客、しばらく来店していない優良な休眠顧客の来店をリアルタイムで検知し、来店情報を入手した担当営業が即座にその顧客を接客することを実現してくれる。

 店舗側の顧客管理システムと連携することで、担当営業は来店情報だけでなく、その顧客の購入履歴をその場で確認することが可能になり、より質の高いタイムリーな接客が可能になる。これにより顧客サービスの向上と売り上げアップを図ることが可能だ。

 2つ目は顧客行動分析ツールとしての活用で、こちらは登録した顧客がどのくらいの頻度で来店しているか、来店後どのような動線で行動しているかなどの行動分析をすることで、販売戦略に活用することが可能となっている。

Arrow Conciergeのまとめ
用途と機能顧客来店検知サービス
特徴顧客が必ず通ると想定される場所にWi-Fiアクセスポイントを設置、2回目以降の来店時に来店を検出。来店情報を入手した担当営業が即座にその顧客を接客。どのくらいの頻度で来店しているか、来店後どのような動線で行動しているかなどの行動分析
税別料金初期費用:15万円~、ライセンス費用:月額4万5000円~
※ハードウェア費用は別途必要

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]