オフィスソフト

「Access」で外部データを正規化--追加クエリを活用

「Excel」形式のフラットファイルに含まれるデータを「Access」で正規化する手順を紹介する。

 外部から取り込んだデータは、たいてい正規化されていない。そのため、データをインポートしてすぐに作業に取りかかることはできない。代わりに値を複数の正規化テーブルに分割する必要がある。これは大変な作業に思えるかもしれないが、ほとんどの場合、ちょっとしたクエリを作成し、データを確実に把握すれば済む話だ。

 この記事では、「Excel」形式のフラットファイルに含まれるデータを正規化する手順を紹介しよう。そのデータを「Access」に取り込んだら、追加クエリを実行し、データとキー値を元のデータセットから正規化テーブルにコピーする。ただし、作業を複雑なものにするため、業務ルールを2つほど定める。

 筆者は、64ビット版の「Windows」で「Office 365」(デスクトップ版)を使用している。この記事で説明するテクニックは古いバージョンでも利用できるが、具体的な操作は異なる可能性がある。また、Excel、Access、および正規化のルールに関する基本的な知識があるものとして説明する。Accessは、正規化テーブルを必要とするリレーショナルデータベースだ。正規化について知らない方は、以下の記事を読んでおくといいだろう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約6617文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ネットワーク管理者を不幸にする真犯人は?SD-WANをマンガで解説
  2. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  3. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  4. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  5. 移行が本格化! 今こそ問うべきクラウドセキュリティ「5つの都市伝説」

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]