AI・機械学習 コールセンター・コンタクトセンター NTTコミュニケーションズ AWS

Amazon Connectに日本語解析AIを実装--自動応答するコンタクトセンターを開設

コンタクトセンターサービス「Amazon Connect」に日本語解析エンジン「COTOHA」に実装する。設備や人材をそろえなくても、AIが自動で応答するコンタクトセンターを開設できるようになるという。

 自然言語解析エンジン「COTOHA」が、クラウド型コンタクトセンターサービス「Amazon Connect」と2019年1~3月に連携する。日本語解析人工知能(AI)による自動応答を主体としたコンタクトセンターを手軽に構築できるという。12月12日、COTOHAを提供するNTTコミュニケーションズ(NTT Com)が発表した。

 自然な日本語を使うことができる対話型AIエンジン「Communication Engine “COTOHA Virtual Assistant”」や、APIで自然言語解析技術を利用できる「Communication Engine “COTOHA API”」を、コンタクトセンターに実装可能。Amazon Connectで受けた電話などの音声情報を、NTTグループが40年以上にわたり蓄積、精錬した30万語に及ぶ日本語データベースや高精度の処理技術を活用するCOTOHAに、直接引き継いで処理できるという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]